中古ドメインの被リンクを検証してみましょう。どれだけのサイトから良いリンクが送られているのかが重要となります。これから被リンク対策をしようとお考えの方には是非見てもらいたいです。

中古ドメインの被リンク数や質など、どれくらいドメインに良いリンクが送られているか検証する様子

yahooのスペル違いの中古ドメインについて

中古ドメインを探しているとgoogleやyahooのように大手のサイトと似たようなURLに出会うことがあります。スペルが一文字だけ違うようなサイトです。このような中古ドメインを見つけたときにはできる限り触れないのが得策でしょう。なぜならワンクリックやURLの入力ミスを狙った偽サイトとして運営されていた可能性があるからです。中古ドメインにはよいものもあれば悪質なものまであります。グーグルのペナルティ対象となっているドメインであることも少なくありません。ネットショップで販売しているようなものなら大丈夫でしょうが、オークションや直接取引の場合はそれらのポイントに注意が必要です。中古ドメインを使うにあたって大切なのは、アンカーテキストが分散されているかとリンク本数が異常に多すぎないかです。リンクの本数は特に気をつけておいたほうがよいでしょう。最近では過剰なリンクが嫌がられる傾向にあります。ペンギンアップデートを経て、リンクに対する取り締まりが厳しくなったことは有名ですが、現在でも細かなアップデートが行われており、上位表示しているようなサイトの順位変動もよく見かけるものです。コンテンツとリンクの本数や質によって順位は大きく変わるので、できるだけ影響力の高いサイトをターゲットサイトとして使うのがよいでしょう。アフィリエイトに正解はありません。人それぞれの運用方法で、それぞれのコンテンツ作りの先に顧客の求めている情報があるのです。質の高い記事が上位表示には必須ですが、記事がないサイトとあるサイトなら間違いなくあるサイトのほうが上位に上がるでしょう。まずは書く!それを意識してサイトの順位アップを狙ってみてくださいね。