中古ドメインの被リンクを検証してみましょう。どれだけのサイトから良いリンクが送られているのかが重要となります。これから被リンク対策をしようとお考えの方には是非見てもらいたいです。

中古ドメインの被リンク数や質など、どれくらいドメインに良いリンクが送られているか検証する様子

中古ドメインを利用したランクアップと駆動方法

中古ドメインはさまざまな利点がありますが、効果的に使うことで特にウェブサイトの価値を大幅に上げてくれる効果が期待されています。中古ドメインの効果は特に時間短縮にあります。ウェブサイトの場合はコンテンツを追加していくことでウェブサイトの評価が上がっていくわけですが、評価には時間が大きく関係しています。時間については主に検索サイトのロボットが来るまでの時間とインデックスが作られるまでの時間です。これらの時間はウェブサイト側にはどうしようもないものであり、中古ドメインのようにすでに持っているインデックスを活用できれば大幅なスピードアップに繋がると期待されています。スピードアップの結果得られるのはランクアップです。ランクについてはPagerankが使われなくなったとはいえ、実際には存在していると考えられており、中古ドメインをうまく駆動させてランクアップを狙いたいものです。特に新規ウェブサイトの場合はインデックスを活用することで検索順位を大きくアップさせることが可能です。ただし、ただ中古ドメインを適用するだけでは意味がありません。重要なことは中古ドメインが持つインデックスを活かすコンテンツです。インデックスはドメイン検索で探せるのですが、ドメイン検索の結果は主にカテゴリとキーワードの塊です。また、パスも重要です。カテゴリやキーワードはコンテンツ、Web全体の方向性にも影響を及ぼしますのでドメインを選ぶ際には事前に調査をして適用しやすいカテゴリやキーワードを持っていることが大事です。事前調査は検索サイトやドメイン履歴をチェックするサービスで簡単にできますから手間を惜しまずに探しておきたいものです。