中古ドメインの被リンクを検証してみましょう。どれだけのサイトから良いリンクが送られているのかが重要となります。これから被リンク対策をしようとお考えの方には是非見てもらいたいです。

中古ドメインの被リンク数や質など、どれくらいドメインに良いリンクが送られているか検証する様子

中古ドメインの分析方法と時刻同期について

中古ドメインを選ぶ際はいくつか注意したいポイントがあります。1つめは時刻同期についてです。時刻はパソコンやスマホなら自動的に補正されることが多いのですが、実際には何らかの事情でずれてしまっていることがあります。一般的な使い方なら問題ないのですが、ドメインをチェックするなら出来る限りずれていないことが望ましいです。理由としてはwhoisでチェックする際にずれてしまうこと、また、nslookupなどのドメインの確認ツールを利用する際に不具合がでることがあるからです。秒単位でのずれは問題有りませんが注意しておきたいです。2つめは分析ツールの選定です。中古ドメインの場合、選定ツールが日々新しいタイプが生まれてくるのですが、使いこなすことができずに誤ったチェックをしてしまうこともあるので新しいツールの場合は注意が必要です。中古ドメインの分析については検索エンジンのインデックスの状態、ペナルティを受けていないことを確認しておきたいところです。特にペナルティについては解消することがとても難しいので重ねてチェックが重要です。ペナルティについてはメールアドレスでのペナルティも注意ししておきたいです。メールアドレスのみで運用されてきたドメインも多数販売されることが多いですが、価格が安いことも多く使いやすくなっています。しかし、検索サイトでのペナルティがないにしてもブラックリスト入りしていないかは超チェック項目です。メールのブラックリストは専用サイトが多数ありますのでしっかり確認します。また、削除申請もできるのですが、一度でもブラックリストに入ったドメインは抜け出せないと考えて除外してしまうことが重要です。