中古ドメインの被リンクを検証してみましょう。どれだけのサイトから良いリンクが送られているのかが重要となります。これから被リンク対策をしようとお考えの方には是非見てもらいたいです。

中古ドメインの被リンク数や質など、どれくらいドメインに良いリンクが送られているか検証する様子

中古ドメインがスパムかどうかステータスで確認

ドメインを新たに登録する場合、新規で作るよりも中古ドメインを活用したほうが良い時もあります。新規の場合には企業や商品名を想起させるドメインを作ることができますが、検索エンジンから評価されるレベルにまで成長させるには時間がかかります。中古であればすでに検索エンジンから評価が決まっているため、SEO的にもすぐに威力を発揮できるのは魅力です。

結果を早く出したい時に使いたい中古ドメインですが、必ずしも良い面ばかりではありません。例えばそのドメインが過去にスパム行為を行っていた場合、検索エンジンから悪い評価を付けられている可能性があります。そうした状態のドメインを購入しても、検索結果での順位は上がりません。中古を購入する際には、検索エンジンからスパムと認定されていないかどうか、ステータスによって確認しておくことが重要です。

悪い履歴を持つドメインであるかどうかは、ステータスの様々な項目から判断できます。その一つがGoogleページランクです。これは検索エンジン最大手であるGoogleが公表している数値で、この評価が高いサイトほど検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。中古を買う際にはGoogleページランクを確認し、あまりにも低すぎる時には避けたほうが安全です。逆に高評価を受けていると確認できれば、多少高価であっても購入する価値はあるといえます。

Googleページランクを決定する要因の一つに、被リンクというものもあります。サイトが他のサイトから受けているリンクのことを表すこのキーワードは、質の高いサイトから受けるほど効果も上がっていきます。評価の低いサイトからばかり被リンクを受けているサイトは、検索エンジンからほとんど評価されていないばかりか、スパム行為を行っていると判断されているケースもあります。できるだけ被リンク元のページランクが高いドメインを選ぶのがおすすめです。