中古ドメインの被リンクを検証

中古ドメインの被リンクを検証してみましょう。どれだけのサイトから良いリンクが送られているのかが重要となります。これから被リンク対策をしようとお考えの方には是非見てもらいたいです。

中古ドメインの被リンク数や質など、どれくらいドメインに良いリンクが送られているか検証する様子

中古ドメインで被リンク対策をするポイント

アフェリエイトで儲けたいと思っているけど、どうしたらいいかわからないという人も多いです。
面白いブログを書いて人気がでれば、自然とアクセス数も増えてアフェリエイト収入も増えますが、そうなるまでにはかなりの時間がかかってしまいます。
もっと短時間でアクセス数を増やしたいならば、中古ドメインを取得するといいでしょう。
中古ドメインには、被リンクが沢山残っていることも多く、検索エンジンの順位も簡単にあがります。
ただし中古ドメインを使用すれば、何でも評価が高くなるわけではありません。
中にはブラックリストに掲載されるような被リンクが残っていることもあるので、しっかりと中古ドメインで被リンク対策をすることが重要です。
被リンク対策として、被リンクツールを使い競合サイトの被リンクの状況をしっかり調べることが大事です。
被リンクのドメイン数を競合サイトよりも増やすといいでしょう。
いろんなドメインからの被リンクの総数を増やせば、Googleに評価され順位も上位に表示されます。
同じ言語のサイトからの被リンクを増やすことも大事で、日本語で運営されているサイトならば、日本語の被リンクを増やすと被リンクの質が高くなります。
逆に英語など違う言語のサイトなどからの被リンクを集めると,、被リンクの質が低下し順位もどんどん下がってしまうというわけです。
同じジャンルのサイトから被リンクを増やすことも重要なので、できるだけ関連性が高そうなサイトの被リンクを集めるといいでしょう。
急激に被リンクを増やすと、意図的に被リンク対策をしていると疑われペナルティを受ける原因になります。
せっかく被リンクを沢山集めてもペナルティを受けると、順位も下がってしまうので気をつけてください。

中古ドメインでの被リンク数が多いといい

インターネットの普及で、ビジネスにもインターネットを利用する企業やお店が増えてきました。
少しでも売り上げを伸ばすためには、自分のお店や企業のホームページにアクセスしてもらうことが大事です。
テレビCMなどで有名な企業やお店なら、ホームページへのアクセス数も格段に多いでしょうが、それほど知られていない企業やお店のホームページにアクセスしてもらうなら、検索エンジンで自分の企業やお店のホームページのランキングを上位にすることが大事です。
検索エンジンのランキングを上位にする方法として、自分のサイトの被リンクの数を増やすことです。
被リンク数が増えればGoogleにも評価され、順位がどんどん上昇します。
被リンク数を増やす方法としては、外部サイトから参照されるような役に立つサイトを作ることですが、なかなか火リンク数が増えないという場合は、中古ドメインを取得する方法もあります。
中古ドメインには、他のサイトからの被リンクが残っていることも多いので、利用すれば簡単に順位を上げることができます。
被リンク数の多い中古ドメインを探す方法ですが、自分で探すとかなりの手間がかかったり、ペナルティを受けた中古ドメインを取得してしまうこともあるので、できれば中古ドメイン販売サイトで取得するといいでしょう。
被リンク数の多い中古ドメインなど、高品質なドメインを扱っているので、簡単に被リンク数の多い中古ドメインを見つけることができます。
被リンク数の多い中古ドメインを探すなら、芸能人やスポーツ系のブログサイトを探すといでしょう。
これらのサイトなら、被リンク数も多く過去に被リンク対策をしていることも少ないので取得すると、アクセス数も間違いなく増えます。

中古ドメインの運用歴も被リンクに関係する?

SEOの面で有利な中古ドメインですが、中古ドメインが持つ運用歴が及ぼす影響は多岐にわたります。一定期間以上の運用歴が保証されているドメインに関しては、Google検索エンジンが「運用している期間が長い=信頼のおけるサイト」と判断するため、検索結果の順位表示が上位に来やすくなります。検索エンジンのシステム上、いくつかの単語でユーザーが検索した際の最適解を導くために、長く運営していて信頼のおけるサイトを重視する傾向があるため、このメカニズムを利用することができるのです。
その影響を持って、被リンクにも直接的・間接的問わず大きく関わってきます。当然ながら、上位表示されている=良質なサイトと判断する方も多いので、必然的に被リンク率が上昇するというわけです。良質なサイトをリンクしておきたいと思うのは必然ですし、それでなくても、上位表示される時点で多くの方の目に触れる機会が増えるわけで、その分リンク率が上がるというメカニズムです。アクセスアップが直接被リンクにもつながるという観点からも、メリットがあると考えて良いでしょう。
また、一定期間以上運用歴があるという時点で、たとえ新規サイトを立ち上げたとしても、Google検索エンジンが認知(クロール)してインデックスに加えるまでの期間が省略されるわけで、新規サイト・新規ドメインという組み合わせよりははるかに上昇率が高くなり、また上昇スピードも圧倒的に速くなります。検索エンジンのフィルターをかいくぐる、といったメリットもあるため、運用歴は被リンクに大きく影響すると言えるでしょう。そのため、運用歴が長くなればなるほど、中古ドメインの価格は上昇する傾向にあります。